今日の厳しい競争環境では、企業に就職するのは以前ほど簡単ではありませんね。面接では、雇用主に自分の魅力に気づいてもらえるよう、きちんと自分をアピールしなければなりません。そこで、採用される可能性を高めるためのポイントを4つご紹介します。

履歴書の更新 

ついつい、昔に作成した履歴書を送ってしまいがちですが、これは大きな間違いです。履歴書は、採用担当者の目に留まるための最初のステップであり、決して軽視すべきものではありません。

これを間違えると、せっかく作った履歴書がゴミ箱行きになってしまいます。逆に、しっかりとした内容の履歴書であれば、競合相手よりも目立ち、より早く注目を集めることができます。

また、履歴書はメールで送るだけではなく、人気のある求職プラットフォームにアップして、企業側から見に来てもらいましょう。

面接の準備 

「習うより慣れろ」ということわざがありますが、就職面接も同じです。大事な日のためにすべてを完璧に準備することはできなくても、少なくともいくつかのことは備えられます。

例えば、採用担当者がよく聞く質問リストがありますので、それに目を通し、最適な答えを考えておきましょう。

面接官としても悪い面接環境は作りたくないので、答えに集中してリラックスするようにしてください。そして質問の中には、なるべく自分自身のこと、自分のスキル、これまでの経験などを伝えていきましょう。

自分のスキルを考える 

応募する業界にかかわらず、どんな仕事でも一定のスキルが必要です。

例えば、営業マンとして潜在的な顧客と話すためには、優れたコミュニケーションスキルが必要かもしれませんし、シェフを務めるためには、料理のスキルが必要かもしれませんし、さらには時間管理のスキルも必要かもしれません。

ですから、面接用の服を選ぶ暇があるなら、自分のスキルや応募企業に貢献できることをよく考えてみてください。良い点だけに注目するのではなく、自分の弱点も意識して、足りない部分を洗い出してみるとなおよし◎。

会社のリサーチ 

職種や給与に関わらず、応募先の企業が自分に合わない場合もあります。そのような場合は、履歴書を送る前に、その会社のことをよく調べてみましょう。これは就職活動の最初のステップになりますね。

相手を知ることで、面接の準備や企業のニーズに合わせた履歴書を作成できます。印象が良ければ良いほど、仕事を得られる可能性が高くなりますし、採用プロセス全体が早く進むかもしれません。